読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アドラー心理学 - 相手の共同体感覚をどう高める?

こんにちは

Tatsuyaです:)

 

今回は、以前書いた「共同体感覚」をどう高めるか、です。

 

子育てや、学校の生徒との接し方で、そのこの共同体感覚を高めたい時に、どう接することが有効的か書きたいと思います。

 

もちろん子育ての経験は全くありませんが、育てる立場として、個別指導の塾講師を4年間続けました。アドラー心理学の本を読んでたくさん共感できる内容があったので、その中から少しだけ共有します😌

 

ここでの場面は、相手に協力を求めて、助けてもらった時です。

 

まずここで覚えておきたいのは、共同体感覚で必要な3つ

1. 自己信頼

2. 他者信頼

3. 所属感

である。ということです。

 

今回は単純に、自分の子供にゴミを捨ててもらった時や、生徒に頼んで何かしてもらった時、もしくは上司が部下に何か頼んだ時、です。

 

そこで相手にかける言葉によって、その先が全く違います。

やることを済まして、戻ってきた相手に対して、どう反応するか、

1. 褒める

2. 感謝する

 

 

アドラー心理学的な成果は、2の「感謝する」です。

 

もちろんこれを普通に意識できている人もたくさんいると思います。

 

ですがここが1か2かによって、中身が全然違います。

 

1.「褒める」

→褒めるのは、できなさそうなことができた。最初は期待はしていなかったから、驚いて褒める。褒める行為は一見良いようで、実は少し上から目線。

 

2.「感謝する」

→相手に対して対等な目線。できると思って頼んだが、その行為のおかげで、自分が本当に助かったことを伝えられる。

 

共同体感覚は信頼が所属感を生みます。

 

では1か2どちらが、「信頼感」を生むか、一般的に考えると「感謝する」です。褒められて伸びる子供、生徒、部下ももちろんいると思います。それがその人にとっての所属感になっているかもしれません。

 

ですが、その人が急に褒められない状況に置かれた時どうなるか、想像できますね。「感謝」というのは、どこにいっても、立場が下でも上でも、どの場面でも起こりうることです。それを自分とに取っての、所属感になるのが一番いいのかなと思います。

 

自分の周りに、育てる人がいる時は、時には「褒める」ことも大切かもしれませんが、「感謝する」ということを大切にしましょう。「褒める」は長期的な成長には繋がりにくいのかもしれませんね。

 

以上、「褒める」より「感謝」しよう。という内容でした。笑

 

当たり前のことかもしれませんが、もう一度感謝の気持ちを大切にしようと感じました!

 

ではこの辺で

 

Bye!

 

Tatsuya

 

 

<参考文献>

小倉広(2014) 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」
ルフレッド・アドラー 「生きるために大切なこと」

7日間無料体験 Native Campを使ってみて、、

こんにちは

Tatsuyaです:)

 

今回は以前体験で使用してみたオンライン英会話レッスン

Native Campのレビュー内容を簡単にまとめました!

 

Native Camp↓↓

 

 

動画の方がパッと見れると思い、1分弱の動画にしました😊

 

Click↓↓

[7日間無料]native campを体験してみて、、 - YouTube

 

これからオンライン英会話を始めるのに興味がある人、もしくはいくつか選択肢があって迷っている人、よければ参考にしてください!

 

レアジョブも使ってみたので、今度載せます(^_^)

 

「こういうレビューの仕方がもっとわかりやすい!」

 

などありましたら、お気軽にコメントしてください!

それを元にどんどん良くしていきます!

 

もし登録してみようかなと感じていただけたら、ぜひこちらから😆

スマホから登録もできます!

 

 

Bye!

Tatsuya

アドラー心理学 - 共同体感覚を身に付ける

こんにちは、

Tatsuyaです:)

 

今日から、せっかく心理学に関係する本を読んでいるので、

心理学関係の記事も書こうと思います。

 

心理学関係のものを読むと、とても長く専門的な内容で読みにくいので、このブログは簡潔に書くようにします。

 

僕自身は心理学専攻でもなんでもないのですが、個人的に興味があって、最近本を読んだりしています。今年の資格の目標の一つは、「ビジネス心理検定」です!

 

なので、趣味として学んでいる心理学を、アウトプットするのと同時に、どんなものなのか紹介できればなと思います。専門でないので、間違えた情報などあるかもしれませんが、あれば教えてくださいm(_ _)m

 

さて、

 

本日の内容は、「共同体感覚」です、

 

共同体感覚とは ルフレッド・アドラー(Alfred Adler)の個人心理学で提唱されたものです。
 
簡単に言うと、「人が幸せになるためにもっとも貢献するもの」です。
 
共同体感覚を身につけるために、必要なものは大きく3つあります。
 
1. 自己信頼 (自分は誰かに貢献しているなど)
2. 他者信頼 (相手は私を支えてくれているなど)
3. 所属感 (自分は社会の中に存在しているなど)
 
です。
 
よく他の本でも、自分が誰かに何かを与えるときに、一番の幸福感を感じる、と書いてあることがあります。
 
誰かが何かをくれるのを待つのではなく、自分から動く(自己信頼)
 
それが自己信頼となり、それは他者からお返しとして返って来る。(他者信頼)
 
そこで、自分が社会のサイクルに存在していると感じることができる。(所属感)
 
 
実際、自分に置き換えて考えると、この三つが安定している時に、とても安心感があって、充実感を味わえているなーと感じます。
 
受け取ってくれる人がいて、助けてくれる人がいて、自分はここにしっかり存在している。
 
もし、学校、職場、仲間内、家庭などで、すごく嫌な感情になる人、もしくは幸福感を全く味わえていない人は、共同体感覚の欠如が一つの要因としてありえるかもしれません。
 
ですが、自分から動くことで、この欠如はある程度解決するらしいです!
僕自身も経験的にそう思います。相手を避けるのではなく、こちらから何かアクションを起こせば何か変わるのかもしれませんね。
 
先に動いた方が、幸福感も上がり、いいことしかないですね!
 
ではこの辺で!
Bye!
Tatsuya
 
<参考文献>
小倉広(2014) 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」
ルフレッド・アドラー 「生きるために大切なこと」

 

How do you practice speaking English??②

こんにちは

Tatsuyaです。

 

(書いていたら一記事にまとめられず、番外編を今日また投稿します。。

すみません。

なのでこの記事はそのための前振りのような形になってしまいました。笑)

 

(すぐ本題に行きたいという方は、太字のみ読んで、>>ここから本題から読んでくださいい!)

追記:↑本題に行けてません。。。。

 

最近、やたらとすることが増えて、ついこの間までは、英語に対してもやる気を失いかけてた人です。

なのでブログの更新が遅くなってしまったのもあるのですが、いろいろ見えてきて、これからは頑張ってたくさん更新します(と思います)!

 

それはさておき、本日のトピックは前回記述した通り、、

 

2.話せるようになることより、資格英語で点数を上げる方が簡単なため、そっちの勉強に偏り過ぎていて、本来の目的を後回しにしている。

 

です。

 

文面だけ見ると、少し嫌みぽっくなっちゃているので、どういう意味なのか、

 

今回のポストは、本来の目標が、スピーキングを上達させて、海外の人とコミュニケーションを取りたい!であることを前提で書きます。

(昇進のため、就活のため、にスコアを取りたいという、他の目標で学習していることは全く別で考えているので、誹謗中傷を目的としたものではありません。)

 

TOEIC, TOEFL, 英検, IELTSなどの勉強が必要になって、やり始めると、『やはり高いスコア、高い級を取りたい!』となるのが当たり前ですよね。もちろん僕も、それは同じです。そこに悪い要素なんて1つもないですね。

 

ですが、そこからの英語学習にどのように取り組むかが大切です。

 

僕も最初はそこから考え始めました。

 

なので、英語学習を始めて1年くらいは資格の勉強など一切していませんでした。

 

個人の英語学習を、日本の英語学習に置き換えて考えると、分かりやすいかもしれません。

 

>>ここから本題

 

今は小学校から英語教育があるのが一般的ですが、おそらくこのブログを見てくださっている方の

ほとんどは中学から高校までの6年間英語を学校で習っているかと思われます。今と比べれば短いかもしれませんが、6年間英語を勉強してます。

 

その時の目標はなんでしたか?

 

1.話せるようになるため?(中には本当にこのために頑張っている人もいると思います。現にinstagramのfollowerさんにもたくさんいます。)

 

2.良い点を取るため?

 

3.赤点回避?(←中高の自分ですスミマセン

 

おそらく大半が2のような気がします。中高時代の自分の周りや、4年間(もうこんなに経ってるのか。。。)個別塾でたくさんの生徒を見てきた経験からするとそうだと思います。

 

その結果、他のアジアの国と比べて英語が話せないと言われてしまうのが現実です。。

 

実際、授業での生徒の質問は、テストで良い点を取るための質問、長文のコツ、単語を簡単に暗記する方法、などよく聞かれます。そりゃ、6年間テストの点数で高得点を取るために勉強していたら、話せるようになるわけないですね。高校でコミュニケーション英語、いわゆるコミュ英と呼ばれるものは、本来、名前からしてコミュニケーションのための英語の授業のはずなのですが、結局、テストで良い点を取れた人の勝ちです。テスト内容が英語の面接、英語のエッセイの方が良いのでは?と思ってしまします。(採点が大変ですが。。)

 

そして!

 

高校を卒業し、それぞれの道に進み、英語を自分で勉強しなければいけなくなります。

 

多くの人は、資格の勉強などを始めると思います。

 

ですが、一歩間違えると、、

 

高校で学習していたものより、内容が難しくなったような気がして、『それを勉強していれば、自ずと英語ができるようになる。』と無意識に思ってしまっている人も多いと思います。そして、また、いかにテスト(資格英語)で高得点を短期間で取るに集中してしまったりすることが多いのではないでしょうか。

 

そうなると、形は違えど、中高6年間やってきたことと同じになってしまいますね。

短期間で、テストで高得点のために勉強した能力は英語運用能力には繋がらないということが、実際過ごした中高6年間で身をもってわかっていると思います。

 

先ほども書いたのですが、本来の目的が、高得点を取ることであるなら、むしろ、コツをつかんだり、そのテストに慣れたりというのが必要になってきますね。

 

ですが、僕自身がそうなのですが、本来の目的が英語を使って世界中の人とコミュニケーションを取ったり、英語に常に触れながら、将来仕事がしたい。という人は、焦った勉強、資格に囚われた勉強をしていたら、実際に欲しい能力は一生身につかないと思います。

 

何が言いたいかと言いますと、

・目標にあった英語学習する

・本来の目標は何かもう一度考える

・高得点 が一番の目標でないなら、絶対に焦らない

 

ことが、大切であると思います。(当たり前ですね。)

 

ではどのように、本来の目的である、『コミュニケーション』につなげるのでしょうか。

 

それは、『資格英語を勉強するときの意識』だと僕は思います。

 

長くなってしまったので、もう1つ他の記事に、番外編として、どのように、『英語のコミュニケーション能力向上につなげるために資格英語を勉強するか』について書きたいと思います。

 

本日中に書きます!

 

まとめるのが相変わらず下手ですみません!!(泣

 

いつもブログ完全初心者のブログを読んでくださってありがとうございます。

頑張って進化していきますね。。。笑

 

では番外編で!

 

See you later!

Tatsuya

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

How do you practice speaking English??①

こんにちは:)

Tatsuyaです。

 

最後まで読むのが面倒臭い人のために、結論を言うとこの記事は

『文法、発音、は絶対にspeakingにおいて大切。(もちろん、それだけではないです)

子供の方が言語の習得が早いというが、それは考えて身につくものじゃない。

大人は考えて、それを実践する能力があるから、そこをうまく使う。(←なんかの本にあって納得)』

です。

 

なぜそう思うかは下に書いているので、お時間があれば目を通してください!

 

⚠️あくまでも僕からの意見なので、少しきつい表現があったらごめんなさい。誰かを誹謗中傷するために書いたのではなく、一人の英語学習者としての目線です。

 

だいぶ久しぶりの投稿となってしまいましたが、読んでくださると嬉しいです!

今回のテーマは、How do you practice speaking English?です。

日本人のこれからの英語学習において、大事な課題の1つだと思います。

 

僕が思う今起きてる現状大きく3つ......

1.文法は関係ないと誰かが言い始めて、余計英会話が難しくなっている。

2.話せるようになることより、資格英語で点数を上げる方が簡単なため、そっちの勉強に偏り過ぎていて、本来の目的を後回しにしている。(もちろん資格英語での目標点数を目指すことはとても大事です。ですが話せるようになりたいのに、点数を上げるためのコツばかりを勉強して、本来speakingに必要なことが盲目になっていたら意味がないということです。)

3.発音は気にしなくていい、が違う方向で捉えられている。

 

(本日は1のみにします。せっかくの皆さんの休日を僕のブログで潰したくないので笑

それにお仕事がある方には、なおさら疲れて欲しくないので。)

 

 

 

1.文法は関係ないと誰かが言い始めて、余計英会話が難しくなっている。

少し前から、『文法は気にしなくていい』と聞くようになりました。

文法を気にしないで話す方が難しいと思います。

 

『文法は気にしなくていい』、それを言うのはいつも日本人な気がします。僕自身、留学生や海外の友人に『日本人は英語の文法気にしなくてもいいのかな?』と聞いたことが何回もありますが、一回も『しなくていい』と返ってきたことはありません。

でもやっぱり文法を話すときに意識するのは難しいです。

そこで!

文法をどのように会話の中で使っていけばいいのか、僕がどのように教科書に載ってる文法を会話に置き換えているかを共有したいと思います。

 

<関係代名詞編>

おそらくこの2つは、会話で使うってなると気がひけるものです。ですが使い方によっては、相手に説明しやすくなると思うし、文の幅が広がります。

 

A: Do you know that girl?

B: Which girl?

A: She is talking with your friend.

B: Yeah, I met her at the party last night.

 

これが、中学生1年で習う文法で話せるものだとすると。

次のが中3で習うもの。

 

A: Do you know that girl who is talking with your friend?

B: Yeah, I met her at a party last night.

 

この2つの会話を違うものとして考えてしまう方がいたら、それが話すときに難しく感じる原因かもしれません。

ここでもう1つ考えたいのが、なぜ基本五文型があるのかということ。

 

Do you know that girl?

これはいわゆる第三文型と言われるものですが、

Do you know that girl who is talking with your friend?

となると、『関係代名詞』というカテゴリーに分けてしまうと思われます。間違いではないですが、

 

関係代名詞はあくまで『形容詞』のように文の中で何かの働き(主に形容詞)をするものであって、文の形ではありません。そのため、関係代名詞は全ての文型の中で使われることができます。

 

どういうときに使うのか?

 

簡単に言うと、自分が相手に伝える名詞をより具体的に、詳しく説明する時です。

 

なので、SVO(第三文型)を例にとって説明すると、

『簡潔に言って、その後に説明を加える』イメージを持って話すと使いやすいです。

 

2つ例を出します。

 

『どこか安いセーターを売ってるお店知ってる?と言いたい時』

まずは簡潔に:Do you know anywhere....   どこか知ってる?

anywhereに対する説明:that sells cheap sweaters... 安いセーターを売ってる....

↑前文でanywhereがすでに出てきているのでthat後ろに主語としては入りません。

 

これを会話内で使ってる感じのテンポで書くと、

Do you know anywhere....that..... sells cheap sweaters?

 

もちろん慣れてきたら、

Do you know anywhere that sells cheap sweaters?

と続けましょう。

 

最後にもう1つ。

 

『昨日パーティーであった女の子覚えてる?と言いたいとき』

まずは簡潔に:Do you rememebr the girl... 女の子覚えてる?

the girlの説明:who we met at the party last night... 昨日パーティーで会った...

↑すでに前文でthe girlが出てきているので説明部分では入りません。

 

これを会話内で使ってる感じのテンポで書くと、

Do you remember the girl ....who... we met at the party last night?

同じくなれたらもちろん、

Do you remember the girl who we met at the party last night?

 

関係代名詞を使った、ほんの一握りの例ですが、このように使えるようになると、少し文法を意識するのが楽しくなるかなと思います。

 

SVOのOの名詞を説明する時に大切なのは、

簡潔→説明

です。

 

他の文法でも、自分なりに、話すための意識の仕方を考えると、speakingが楽しくなりますよ!

自然に身に付かなくても、考える能力がある限り、話すための文法の使い方はいくらでも思いつくと思います。自分に合ったものを探しましょう:)

 

では長くなりましたがこの辺で。。

 

Bye!

Tatsuya

 

p.s.長いのに読んでくださった方々ありがとうございました。。

 

 

 

 

 

 

NY 旅行記 in summer of 2013 その② (ショッピング編)

Hello!

Tatsuyaです:)

 

A couple of days has passed since I posted the first one of NY. 

Some people feel nervous during their first stay in a new place, but I was just curious and excited without thinking of fear. 

 

よく、バイトの前、何もない日にはできるだけいろんなところを散策していました。

 

天気がいいとホントに最高でしたね!こんな感じ!!

 

f:id:tatsuya-maroon5:20160827195132j:plain

 

That was awesome! and I was able to feel the real atmosphere of NY!!

I will not forget all of the views there and also people who I met during the stay:)

 

 

f:id:tatsuya-maroon5:20160827195231j:plain

 

本当に感動してました。

f:id:tatsuya-maroon5:20160827200214j:plain

 

そして、NYきて初めて公衆トイレで自撮り。

 

 

さあそして本題、今回の恥ずかしいエピソードは、ショッピング編です。

 

 

 

イーストビレッジというエリアを歩いているときのこと、、

 

 

 

 

 

me: (いろんな店があるな〜。なんか暑いしタンクトップとかないかな。

  お、洋服屋さんだ。入ってみよう)

 

employee: %#&%0$ハオッ?

 

me: ??

 

employee: #&%0$ハオッ?

 

me: (この人中国系だな〜、あ、俺のこと中国人だと思ってるのか!じゃあ)

 

employee: #&%0$ハオッ?(三回目で少し怒ってる)

 

me: 你好(ニーハオ)😁

 

employee:  😅

 

me: (発音悪かったかな?) ニ、ニーハオ?

 

employee: 😩

 

me: (全然通じね〜。。なんかめっちゃ恥ずかしくなってきた、出よ)

 

 

 

 

 

 

......買い物は?

 

 

〜〜〜日本帰国〜〜〜〜

 

 

英語の聞き取りの勉強中、

 

employe: Do you need help?

 

me: はっ!!あの時のと似てる!!あの時は You need help?って聞かれたのか。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

あの時の店員さん、頭おかしい人だとおもっただろうな〜。ごめんなさい。笑

 

いつか同じ店員さんと話したい。。

 

ショートストーリーでしたがこんなことがありましたとさ。

やっぱ生の英語を聞ききとれないと意味ないなと痛感した思い出です。今となっては自分でもその店員さんと同じ発音をするから聞き取れるけど、自分で発音できる音じゃないと100%は聞き取れませんね、たとえそれが3単語でも。

これがあったから、勉強し初めの頃からしっかり発音を意識して英語学習に臨めたかなと思います。

 

実際の経験はやはりどんなにちっぽけなものでも、今の自分に十分影響を及ぼしてるのだなと思い、いつも経験を大切にしています。

 

今日もご精読ありがとうございました。

Thank you for always seeing my posts and blogs.

Bye!

Tatsuya,

 

 

 

 

 

 

 

 

NY 旅行記 in summer of 2013 その① (アルバイト編)

 

Hello guys,

 

This time, I`m gonna blog about what I did and learned in Manhattan in NY. Since I had a lot of experiences there, I always wanted to share those things with you. Also, one of the reasons why I want to do that is that I have many embrassing stories which I had during the stay. I can say the trip changed not only me but also my life:)

 

 

 

今日は英語の気分だったのと、英語のブログでもあるから、始まりだけ英語で書こうかなと思い、Englishでスタートしました〜笑 文でアドバイスがあれば教えてくださいね!

 

f:id:tatsuya-maroon5:20160824215740j:plain

 

いうことで、今日は英語を勉強しようという気になったある一つのきっかけを話したいと思います!

知っている方もいるかもしれませんが、僕は2013年の夏(大学一年)に一人でNYに10日間行ってきました。その理由はというと、父の知り合いの方が、NYでお店を持っていたため、そこでアルバイトをさせてくれるとのこと。英語力における4技能全てが皆無だったあの頃、なぜ一人で普通に行ってきたのか未だに謎です。←

 

僕が滞在したのはマンハッタン島です。皆さんがNYと聞いた時に頭に浮かぶ場所がそうです!(NYの中ではミジンコのような大きさですが。)セントラルパークの左下あたりに泊まっていました。

 

アルバイトの先はそこからグーーーっと上に行った、セントラルパーク中心部の左側にある、Organic restaurant でした。ウェイターとしてではなく、バスボーイ(busboy)として働きました。仕事内容は、料理を下げたり、お水を注ぎに行ったりなどが中心でした。

 

そこで、事件は起きました。。。

 

woman: Where are you from? Korea?

me: No. I `m from Japan.(なんとか聞き取れてる)

woman: Oh Japan! (ここらへんは覚えてない)

me: .........

woman: Well,, do you have ~emon?

me: ...... AH, we dont have RAMEN. NO RAMEN SHOP.

woman: No, ~EMON.

me: RAMEN?

women: ~E・MON.

me: ???????????

women: (sigh)

me: (sigh in my mind)

(One of the waiters came to us.)

 

me: (センキュ-------!!!)

women: Do you have lemon? 

the waiter: Yes. 

 

 

(run to a fridge)

 

the waiter: Here you are. 

 

「lemon」の画像検索結果

 

me: LEMON!!!!

woman & the waiter: Hahahahahaha

 

 

笑ってくれてよかった。笑

 

Thank you, the waiter!!!! hahahaha

 

その②はまた次回で!

 

Thank you for always seeing my posts and blogs. 

Bye!!

Tatsuya