10分集中動画

いつもやる気が出ないときははまず、10分間だけ始めてみます。

 

そのためのbgmです^^

 

youtu.be

アドラー心理学 - 馬を水辺に連れいて行くことはできても、水を飲ませることはできない

こんにちは!

 

本日も見に来ていただいてありがとうございます!

 

今回は少し前回と似てるような内容を紹介します。

 

みなさんはこのイギリスのことわざを聞いたことがあるでしょうか

 

You can take a horse to the water, but you can't make him drink.

馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない。

 

馬自身、喉が乾いていないのに、水辺に連れて行かれても水は飲まないですよね笑

 

僕自身も、暑い日は飼っている犬に水を飲ませたいのですが、目の前に持って行ってもなかなか飲みません。。

 

ではこの時どうやって水を飲ませればいいのかというと、

 

喉が乾くのを待つ、もしくは喉を乾せる。

 

です。(めっちゃ普通)

 

喉を乾せるっていうと、虐待チックなイメージになりますが、

 

水が飲みたくなるような暑い場所で少し歩いたりすれば水分が欲しくなり飲むようになるかもしれません。後は単純に待つのみ。人間が連れて行かなくても、どこに水があるかさえわかっていれば勝手に水を飲みに行きます。

 

それを人間に置き換えると、例えば自分の子供に、英語を勉強してほしいとなると、少し強制的になって、子供が興味を持たないなど起こる可能性もなくはないです。学校の先生、塾の講師を経験している方はわかるかもしれませんが、

 

勉強が嫌いな生徒は、どれだけ勉強しろと言っても、しません。

 

でもそれは、

 

馬が水を拒むように、生徒も今は必要ないから、しないのです。

 

僕の塾は、個別指導塾で生徒数が120人ほどいました。

 

団体と違って難しかったのが、他の人と張り合うような刺激が生み出しにくいという点でした。

 

その時あるやる気のない中3の男子生徒と話す機会があり、

 

「勉強して」ではなく、

「なんで勉強しないの?」

 

と聞いてみました。 

 

すると、

 

「している意味がわからないから。」

 

とかえってきました。なんとなく生徒がそう感じてるのは、自分が子供だった時のことを思い出してみるとわかりましたが。

 

日曜に特別に開講した日で、他の生徒もほぼいない状態で二人で真剣に話していたため、

 

不思議とグサッとくるものがありました。

 

こっちが勉強が大切だとわかっているからといって、本人が意味分かってないものをやらせてるのは、講師として本当にいいことなのか?

 

と悲しくなりました。

 

そこで、本人に言った言葉がなんだったか、覚えていませんが、

 

一緒に将来どうなりたいかというのを楽しく考え、妄想しながら、

 

「だったら今勉強したほうが絶対よくない?」

 

と、お互いなり、

 

勉強するようになってくれました。

 

「させる」のではなく「動機づけをする」

 

その時はアドラーを全く知らなかったのですが、先ほどのことわざを知った今思うと、

 

本人に今やってることがどうやって役に立って繋がっていくのかを想像させてあげること

 

が大切なのかなと思いました。

 

僕自身英語を始めた理由が、大学一年生の夏にNYに一人で行った後でした。

 

それまではサッカー、運動バカで、受験も経験したことなく、英語なんて一切できなかった僕が興味を持ったのは、

 

やりたいと思う環境に置かれたから、だと思います。

馬が水を飲みたい、と思うのと同じで。

 

笑ってと言われても笑えないけど、好きな芸人をみれば勝手に笑い、

走りたくない時に走れと言われても、電車が間に合わなさそうであれば走り、

勉強しろと言われてもしないけど、する意味が明確になれば勉強し、

英語に興味はないけど、好きな子が英語しか話せなければ英語を勉強する。

 

アドラーによれば、人は原因でなく目的に沿って行動すると言われています。(目的論)

 

相手の目的を作ってあげることで、その人はそれに向かって行動するでしょう。

 

もちろんアドラー心理学は、考え方の1つなので、例外もあると思いますが。

 

Tatsuya

 

 

 

アドラー心理学- 他者の課題

アドラー心理学での中で、共感できた言葉の1つで

 

「他者の課題に踏み込まない」

 

というのがありました。

 

例えばありがちなのは、

 

親が子供に「勉強しなさい」と言う

 

友達の恋愛相談に口出しする

 

自分の時間がないのに、他の人の宿題、タスクを手伝う

 

これらは相手のためを思って行ってる行為でも、実は相手の課題を横取りし、自分の時間を無駄に浪費している行為です。

 

特に子供に勉強するよう口うるさく言うのは間違いで、親の課題ではないのです。

 

それが誰の課題か判断するためには、こう考える必要があります。

 

「結局誰が困るのか」

 

子供が勉強しなくて困るのは子供自身です。

ということは勉強させたほうがいいのでは、と思う人もいるかもしれませんが

 

親が無理やり言い聞かせて勉強させられる子供は、将来誰かの助けを受けないと行動できない、もしくは自発的に何かしようとしない、子供になってしますことがあるようです。

 

(実際塾講師として四年間様々な生徒とを見てきましたが、親に相当口うるさく言われている生徒ほど、おどおどしていました。本当にできる子は自ら聞いてきたり、親は特に何も言ってこないという生徒が多かったような気がします。口うるさく言われてる生徒、特に小学生、中学生は本当に辛そうでかわいそうでした。)

 

自分の課題に自分自身が気づくことが大切なのです。

 

恋愛相談にしても、気づいたら自分の考えを押し付けているだけであったり

 

手伝っているつもりでも、手伝いすぎで相手が成長していなかったり

 

日々の中で、自分が相手の役に立っている、相手のためを思ってやっていると、自分だけが思っている時が思い返すとあるかもしれません。

 実はただ「他者の課題に土足で足を踏み入れているだけなのかもしれません。」

僕自身も、思い返すとあったりなかったり、、

過去はどうであれ、自分が将来子供を授かった時、また友人から相談を受けた時には、それが誰の課題なのかをしっかり判断できる人になりたいと思いました。

 

だからと言って、冷たくするということではなく、暖かく見守れる人間になりたいですね。

 

そして実は、他者の課題として切り離すことには自分自身にもおおきなメリットがあって、

 

SNSなどで人のむかつく投稿、ニュースなどで芸能人のよくないニュースにイライラすることはありませんか?

 

そのような時こそ、それはその人の課題であって、自分にとっては関係ないのだと考えることが一番良いです。自分い向けられてない投稿ですらイライラしていたり、持つ必要のない怒りまで生まれてくることもあります。

 

だからこそそういう時は、冷たく、他者の課題として、あくまで傍観者として見ていればいいと思うのです。

 

Tatsuay 

 

<参考文献>

小倉広(2014) 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」
ルフレッド・アドラー 「生きるために大切なこと」

アドラー心理学 - 子供の共同体感覚をどう高める?

こんにちは

Tatsuyaです:)

 

今回は、以前書いた「共同体感覚」をどう高めるか、です。

 

子育てや、学校の生徒との接し方で、そのこの共同体感覚を高めたい時に、どう接することが有効的か書きたいと思います。

 

もちろん子育ての経験は全くありませんが、育てる立場として、個別指導の塾講師を4年間続けました。アドラー心理学の本を読んでたくさん共感できる内容があったので、その中から少しだけ共有します😌

 

ここでの場面は、相手に協力を求めて、助けてもらった時です。

 

まずここで覚えておきたいのは、共同体感覚で必要な3つ

1. 自己信頼

2. 他者信頼

3. 所属感

である。ということです。

 

今回は単純に、自分の子供にゴミを捨ててもらった時や、生徒に頼んで何かしてもらった時、もしくは上司が部下に何か頼んだ時、です。

 

そこで相手にかける言葉によって、その先が全く違います。

やることを済まして、戻ってきた相手に対して、どう反応するか、

1. 褒める

2. 感謝する

 

 

アドラー心理学的な成果は、2の「感謝する」です。

 

もちろんこれを普通に意識できている人もたくさんいると思います。

 

ですがここが1か2かによって、中身が全然違います。

 

1.「褒める」

→褒めるのは、できなさそうなことができた。最初は期待はしていなかったから、驚いて褒める。褒める行為は一見良いようで、実は少し上から目線。

 

2.「感謝する」

→相手に対して対等な目線。できると思って頼んだが、その行為のおかげで、自分が本当に助かったことを伝えられる。

 

共同体感覚は信頼が所属感を生みます。

 

では1か2どちらが、「信頼感」を生むか、一般的に考えると「感謝する」です。褒められて伸びる子供、生徒、部下ももちろんいると思います。それがその人にとっての所属感になっているかもしれません。

 

ですが、その人が急に褒められない状況に置かれた時どうなるか、想像できますね。「感謝」というのは、どこにいっても、立場が下でも上でも、どの場面でも起こりうることです。それを自分とに取っての、所属感になるのが一番いいのかなと思います。

 

自分の周りに、育てる人がいる時は、時には「褒める」ことも大切かもしれませんが、「感謝する」ということを大切にしましょう。「褒める」は長期的な成長には繋がりにくいのかもしれませんね。

 

以上、「褒める」より「感謝」しよう。という内容でした。笑

 

当たり前のことかもしれませんが、もう一度感謝の気持ちを大切にしようと感じました!

 

ではこの辺で

 

Bye!

 

Tatsuya

 

 

<参考文献>

小倉広(2014) 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」
ルフレッド・アドラー 「生きるために大切なこと」

アドラー心理学 - 相手の共同体感覚をどう高める?

こんにちは

Tatsuyaです:)

 

今回は、以前書いた「共同体感覚」をどう高めるか、です。

 

子育てや、学校の生徒との接し方で、そのこの共同体感覚を高めたい時に、どう接することが有効的か書きたいと思います。

 

もちろん子育ての経験は全くありませんが、育てる立場として、個別指導の塾講師を4年間続けました。アドラー心理学の本を読んでたくさん共感できる内容があったので、その中から少しだけ共有します😌

 

ここでの場面は、相手に協力を求めて、助けてもらった時です。

 

まずここで覚えておきたいのは、共同体感覚で必要な3つ

1. 自己信頼

2. 他者信頼

3. 所属感

である。ということです。

 

今回は単純に、自分の子供にゴミを捨ててもらった時や、生徒に頼んで何かしてもらった時、もしくは上司が部下に何か頼んだ時、です。

 

そこで相手にかける言葉によって、その先が全く違います。

やることを済まして、戻ってきた相手に対して、どう反応するか、

1. 褒める

2. 感謝する

 

 

アドラー心理学的な成果は、2の「感謝する」です。

 

もちろんこれを普通に意識できている人もたくさんいると思います。

 

ですがここが1か2かによって、中身が全然違います。

 

1.「褒める」

→褒めるのは、できなさそうなことができた。最初は期待はしていなかったから、驚いて褒める。褒める行為は一見良いようで、実は少し上から目線。

 

2.「感謝する」

→相手に対して対等な目線。できると思って頼んだが、その行為のおかげで、自分が本当に助かったことを伝えられる。

 

共同体感覚は信頼が所属感を生みます。

 

では1か2どちらが、「信頼感」を生むか、一般的に考えると「感謝する」です。褒められて伸びる子供、生徒、部下ももちろんいると思います。それがその人にとっての所属感になっているかもしれません。

 

ですが、その人が急に褒められない状況に置かれた時どうなるか、想像できますね。「感謝」というのは、どこにいっても、立場が下でも上でも、どの場面でも起こりうることです。それを自分とに取っての、所属感になるのが一番いいのかなと思います。

 

自分の周りに、育てる人がいる時は、時には「褒める」ことも大切かもしれませんが、「感謝する」ということを大切にしましょう。「褒める」は長期的な成長には繋がりにくいのかもしれませんね。

 

以上、「褒める」より「感謝」しよう。という内容でした。笑

 

当たり前のことかもしれませんが、もう一度感謝の気持ちを大切にしようと感じました!

 

ではこの辺で

 

Bye!

 

Tatsuya

 

 

<参考文献>

小倉広(2014) 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」
ルフレッド・アドラー 「生きるために大切なこと」

7日間無料体験 Native Campを使ってみて、、

こんにちは

Tatsuyaです:)

 

今回は以前体験で使用してみたオンライン英会話レッスン

Native Campのレビュー内容を簡単にまとめました!

 

Native Camp↓↓

 

 

動画の方がパッと見れると思い、1分弱の動画にしました😊

 

Click↓↓

[7日間無料]native campを体験してみて、、 - YouTube

 

これからオンライン英会話を始めるのに興味がある人、もしくはいくつか選択肢があって迷っている人、よければ参考にしてください!

 

レアジョブも使ってみたので、今度載せます(^_^)

 

「こういうレビューの仕方がもっとわかりやすい!」

 

などありましたら、お気軽にコメントしてください!

それを元にどんどん良くしていきます!

 

もし登録してみようかなと感じていただけたら、ぜひこちらから😆

スマホから登録もできます!

 

 

Bye!

Tatsuya

アドラー心理学 - 共同体感覚を身に付ける

こんにちは、

Tatsuyaです:)

 

今日から、せっかく心理学に関係する本を読んでいるので、

心理学関係の記事も書こうと思います。

 

心理学関係のものを読むと、とても長く専門的な内容で読みにくいので、このブログは簡潔に書くようにします。

 

僕自身は心理学専攻でもなんでもないのですが、個人的に興味があって、最近本を読んだりしています。今年の資格の目標の一つは、「ビジネス心理検定」です!

 

なので、趣味として学んでいる心理学を、アウトプットするのと同時に、どんなものなのか紹介できればなと思います。専門でないので、間違えた情報などあるかもしれませんが、あれば教えてくださいm(_ _)m

 

さて、

 

本日の内容は、「共同体感覚」です、

 

共同体感覚とは ルフレッド・アドラー(Alfred Adler)の個人心理学で提唱されたものです。
 
簡単に言うと、「人が幸せになるためにもっとも貢献するもの」です。
 
共同体感覚を身につけるために、必要なものは大きく3つあります。
 
1. 自己信頼 (自分は誰かに貢献しているなど)
2. 他者信頼 (相手は私を支えてくれているなど)
3. 所属感 (自分は社会の中に存在しているなど)
 
です。
 
よく他の本でも、自分が誰かに何かを与えるときに、一番の幸福感を感じる、と書いてあることがあります。
 
誰かが何かをくれるのを待つのではなく、自分から動く(自己信頼)
 
それが自己信頼となり、それは他者からお返しとして返って来る。(他者信頼)
 
そこで、自分が社会のサイクルに存在していると感じることができる。(所属感)
 
 
実際、自分に置き換えて考えると、この三つが安定している時に、とても安心感があって、充実感を味わえているなーと感じます。
 
受け取ってくれる人がいて、助けてくれる人がいて、自分はここにしっかり存在している。
 
もし、学校、職場、仲間内、家庭などで、すごく嫌な感情になる人、もしくは幸福感を全く味わえていない人は、共同体感覚の欠如が一つの要因としてありえるかもしれません。
 
ですが、自分から動くことで、この欠如はある程度解決するらしいです!
僕自身も経験的にそう思います。相手を避けるのではなく、こちらから何かアクションを起こせば何か変わるのかもしれませんね。
 
先に動いた方が、幸福感も上がり、いいことしかないですね!
 
ではこの辺で!
Bye!
Tatsuya
 
<参考文献>
小倉広(2014) 「アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉」
ルフレッド・アドラー 「生きるために大切なこと」